熱成形された物品を製造する方法及びその製造のための器具

Abstract

本発明は、相並んで隣接する機能的領域の間に、機械的に弱い部分を有する、食品包装体又はその一部等の熱成形された物品を製造する方法であって、上記物品は、利用者側の使用の範囲で、機械的に弱い部分で、少なくとも部分的に分離され、その製造は、上側器具と下側器具を有する熱成形器具内で行われ、機械的に弱い部分は、成形される材料が熱成形器具内に存在する期間において、三次元的な広がり(延長)で与えられる方法に関し、及び上記方法を行うための器具に関する。 【選択図】なし

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (7)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2000094504-AApril 04, 2000Kanegafuchi Chem Ind Co Ltd, Sanpaaru:Kk, 株式会社サンパール, 鐘淵化学工業株式会社発泡合成樹脂容器及びその成形装置並びに成形方法
      JP-2006015445-AJanuary 19, 2006Mitsuru Ikemura, 滿 池村刃先が打ち抜き方向に曲線となっている打ち抜き刃
      JP-H0216027-AJanuary 19, 1990Mitsubishi Yuka Badische Co LtdMethod of ruling plastic sheet
      JP-H0740960-AFebruary 10, 1995Kureha Chem Ind Co Ltd, Sanko Plast Kk, 三晃プラスチックス株式会社, 呉羽化学工業株式会社ヒンジ付きプラスチック容器、ヒンジ形成方法およびヒンジ形成装置
      JP-H09136353-AMay 27, 1997Hokuei Kako Kk, Sekisui Plastics Co Ltd, ホクエイ化工株式会社, 積水化成品工業株式会社発泡樹脂製食品容器とその成形用金型、及び製造方法
      JP-S63154329-AJune 27, 1988Sekisui Plastics Co LtdMolding method of hinge part and its mold
      JP-S63242624-AOctober 07, 1988Kyoraku Co LtdMethod for forming hinged plastic form

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2015521123-AJuly 27, 2015イリカフェ・ソシエタ・ペル・アチオニ成形装置及び成形方法及びそれらにより製造された物体